【ごっつ三国】ごっつ開発ノート 2020.6.19 について③ (氷武将の続き+残り全て)

ごっつ三国

さて、伝承荀彧を中心に残りの魏武将を見ていきましょー

スポンサーリンク

運営さまによる公式発表

今回のアップデートは魏武将の救済として大量に武将が強化・見直しされています。

新規伝承武将3体を含むなんと20体!

かなり本格的な調整になります。

 

神話パは2体からでもデバフがつく特殊なものなのでこれを除くと

異民族・春秋の次に不遇だったのが魏パとなっていますがこれの救済処置と。

 

【ごっつ三国】シーズン29 防衛チームの国別調査
ほうちみん です。防衛チームとして何処の国が一番使われているのか調べて見ました。

 

 

一気に20体いじってますので、

前回の春秋のテコ入れよりもかなり本気です。

 

バランサー側の意図も「魏を全体的に上方修正したい」

と明確に記述しているので魏は強くなりそうですね。

 

僕の2軍も魏パなので興味深く、

属性別に20体をみていきたいと思います。

 

 

元記事はこちらになります

→ こちら

 

 

新規伝承武将1体含む、残り7体について

 

 

 

新規伝承武将 王佐之才の荀彧(魏/氷の策士)

 

 

 

●スキル1:全体、霜柱(気力減少)、氷結、沈黙、氷抵抗減少、1回氷ダメージ

→後方4体、沈黙、氷結、8回氷ダメージ  に

 

●スキル2:自動、全体、氷結、気絶、1回氷の小ダメージ

→自動、前列中列、気力30%減少、沈黙、氷結、1回ダメージ に

 

●スキル3:8回ごと、敵1体、沈黙、氷結、氷抵抗減少、1体にダメージ

→7回ごと、敵3体、霜柱(気力減少)、氷結、氷抵抗減少、3回氷ダメージ

 

●スキル4:ウエーブ開始ごと、敵全体、氷結

→ウエーブ開始ごと、敵3体、霜柱(気力減少)、氷結、沈黙、2回氷ダメージ

 

 

単純強化されてますね\\\٩( ‘ω’ )و ///

 

まずはみんな大好き開始スキル(スキル4)は霜柱を中心に強化。スキル1は霜柱の効果は無くなったものの、自動発動のスキル3に霜柱が追加されているので実質的にはより霜柱は発動しやすくなって、ダメージ量が増加。スキル2は全体から前列&中列になったので後列は対象外となったものの、気力30%減少は大きい。スキル3は8回ごとの自動発動が7回ごとと少し発動しやすくなり、対象が1体から3体になって霜柱が追加。使いやすくなってますね!

 

 

満寵R  (魏/雷の勇将)

 

 

 

個人的には好きな武将でスキル1も派手で文鴦とのシナジーもあるので

雷パを作りたかったけど諦めて石にした記憶も新しいのですが、

この調整を受けて雷パで使われるかですね。

 

●スキル1:効果が暗闇から気絶に変更

良いと思います!

●スキル3:ダメージ量増加に加えて無効化もつきました。

7回ごとに無効化を撒くのは強靭や各種バフ解除に効きますね。

 

 

司馬昭R (魏/雷の君主)

 

 

●スキル1:回復効果減少75%が追加。

これvs女人では大きいと思います。

●スキル3:スキル名称変更( ॑꒳ ॑ ) ?

●スキル4:雷抵抗減少30%がつきましたが、開始スキル5秒だけなので微妙かな。

 

これまでは文鴦のスキル1を受けても一撃死しなければ回復できていた女人パですが、治療効果減少75%は刺さりそうです。辛憲英もいるので気力上げてスキル打ちやすくなってるでしょうし、文鴦のスキルも強化されているので、女人側にとっては厳しい内容ですね。

 

文鴦R  (魏/雷の勇将)

 

 

●スキル3:ダメージ量増加のみ

 

文鴦本体の強化はなくても魏パのメンバーに色々ついてますからね。。。実際、アプデ後に文鴦入りの魏パと対戦してますがやっぱりきつい。限界突破による致命打抵抗以降は文鴦の脅威が少し減っていましたが、「魏パの」文鴦復権でしょうか。混パではそれほど変わらないですが。。

 

 

夏侯惇 (魏/雷の猛将)

 

 

スキル4:対象が1体から「後列」1体になったと。

 

夏侯惇自体は大きな変更はないのですが、最近の猛将の強化もあり、猛将2体並べのデッキが増えそうです。となると、今回の魏強化アプデを受けて今後は魏の雷猛将である夏侯惇の使用率は上がりそう。

 

 

陳泰R  (魏/闇の勇将)

 

 

●スキル2:恐怖に連鎖して発動していたものが、恐怖と気絶対象に発動するように変更。

→発動頻度の向上と汎用性が増しましたね。

●スキル4:闇攻撃力UPが10%から、15%に増加。

→微強化ですね・・・

 

陳泰Rについては登場時から「これ優秀だね」と少なくとも周囲では騒がれていたものの、結局あまり見なかった武将。今回は魏の闇パにメスが入らなかったこともあって、陳泰Rが輝くのはもう少し先になりそうな印象です。

 

征伐者 張遼 (魏/雷の猛将)

 

 

 

●スキル1:味方全体の雷攻撃20%UP→雷10%+攻撃力+20%に、効果時間は変更なし

●スキル3:気力減少免疫100%は8秒から12秒に延長

●スキル4:開始スキルに6秒の感電ダメージと10秒間のダメージ反射40%が追加

 

スキル2を修正しなかったのが伝承張遼にとってどうなるかでしょうね。スキル1は汎用性が高くなって効果が雷パだけじゃなくなったのは大きい。スキル3も時間延長があり、敵の張飛や屈原など気力減少スキル対策として機能しそうです。スキル4は10秒間のダメージ反射がつけて手厚く張遼を守る事にしたようで武器破壊6秒後も+4秒守ってくれますし、後列からの攻撃からも10秒間しっかり守ります。問題はスキル2ですね。連鎖発動によって敵を沈黙させた結果、伝承前の劉備に浄化され、劉諶にバリアを貼られ、孫魯班や曹丕にもバリア貼られるこのスキルへの手当てがなかった点がどうなるか。バランサーの意図は対女人用のスキルだったと思いますが、今後はスキル2に注目しましょう。

 

魏王 曹操 (魏/闇の君主)

 

 

●スキル1:奸雄の効果が1秒延び、10秒間の回復効果減少75%が追加

●スキル3:味方死亡時から、誰かが死亡時に発動に変更

 

スキル1の回復効果減少は司馬昭Rもそうでしたが、回復主体の女人パには厳しい仕打ち。バランサーもバトルの結果集計を見て判断しているそうなので魏パが女人パに弱いという結果を受けての判断でしょうか。vs女人パの勝率が上がりそうです。またスキル3は味方が死亡してから回復、浄化しても影響力は少ないスキルですので、今回の変更により敵1体を倒した後にスムーズに勝勢に持っていくためのスキルになりましたね。良い変更だと思います。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました